サンスカイ ホテル小倉のスタッフブログ

8月24日

本日、8月24日は愛酒の日です。
酒をこよなく愛した歌人・若山牧水の1885年の誕生日です。「白玉の歯にしみとほる秋の夜の 酒はしづかに飲むべかりけり」と詠みました。
突然の雷雨に軒を探し、降り止んだ昼下がりの空を仰げば吸い込まれそうなほど青かった本日。皆様いかがお過ごしでしょうか。生憎と傘を持っていなかった為、濡れ鼠となってしまいました。買い物帰りの事だったので湿気がアウトなものを手に持っていなかったことだけが救いでした。
若山牧水といえば、その生涯を歌に綴り続け43という若さで亡くなった詩人ですね。彼の書いたお酒に関する詩は200首近くあるらしく、正しく愛飲家だったことが窺えます。
私も最近、寝る前に日本酒を飲む習慣が出来まして、牧水の気持ちが少しばかり理解できるようになりました。昔は1か月飲まないこともザラなほど、飲酒には頓着がなかったのですが、1杯呑み床に就くと、すぐに眠れる上スッキリ起きられることから慣習となり、今ではネットで銘柄を一覧でみては、どんな味なのだろうと調べる始末。いやはや、手軽に頼めるおかげか何本か頼んでしまいました。酒に溺れず、ゆっくり飲んでいこうと心掛けることに致します。
「飲み過ぎ ダメ!絶対」は、しかと心に刻まなければ歌人・若山牧水の二の前になるでしょう。そう、彼の早い死因には過剰なアルコール摂取によるところが大きいという見解なんだそうな。生きていれば、もっと多くの作品が書けたかも知れません。いや、でもお酒に関する名作も多いので彼の中では良かったのやも。判断は読んでいる方々にお任せ致します。
来年はビアガーデンを窘めたらいいな、なんて言葉を締めくくりに。では、皆様にいい夜と盃を。

掲載日:2020-08-24





サンスカイホテル小倉 GoToキャンペーン ▲ 公式サイト経由で取得した予約は別途STAYNAVI上でお客様自身での割引申請処理が必要です。
詳細は、リンク先の【宿泊施設の公式サイト経由の割引適用方法】をご覧下さい
感染症に対するサンスカイホテル小倉の取り組み サンスカイホテル小倉公式アプリ
設備・サービス
宿泊について
サンスカイホテルについて
Information